HOME >浮気に気付いたら

浮気に気付いたら

もし、あなたが配偶者の浮気に気付いたら・・・

デジカメや印刷などで証拠保全する

浮気相手とのメールや通話履歴、写メなどは証拠保全できるチャンスがある時にしておくべきです。

但し、配偶者に気付かれては元も子もないので慎重に行うことが必要です。

会話を録音する

配偶者から浮気をしていることの言質が引き出せそうな時は、例えば録音などをしておかなければ証拠となりません。

但し、これも配偶者に気付かれないように慎重に行う必要があります。

弁護士に相談する

訴訟や離婚をお考えの場合、事前に法的に不貞行為や離婚問題の専門家である弁護士に相談するのも一つの方法です。

現状における法的なアドバイスが受けられるはずです。

探偵事務所や興信所をネットで調べる

浮気調査を依頼することをお考えであれば、料金や所在地などご自身の条件にあう探偵事務所や興信所の候補を事前に調べて絞っておくことで、後々迷わずに済むかと思います。

探偵事務所や興信所に相談する

浮気調査を依頼する場合、ご自身で探した探偵事務所や興信所にまずは相談されてみることです。

残念なことですが、探偵業界には必ずしも真っ当ではない業者も存在していますので、相談して信用に値するかを判断されて依頼された方が宜しいかと思います。

配偶者の予定を把握する

いざ浮気調査を依頼しようという時に、やみくもに依頼するのではなく、怪しい日に調査日を絞れた方が効率よく費用も抑えて調査が行えると考えられます。

してはいけないこと

もし浮気調査をお考えの場合、決して行ってはいけないことがいくつかあります。

配偶者を問い詰める

基本的に浮気は配偶者にバレていないからこそ続けることが多いです。

一度浮気に気付いたことを知られてしまうと、いざ証拠が欲しい時に浮気相手と会わないようになってしまいます。

ご自身で配偶者を尾行する

ご自身で配偶者を尾行して証拠をおさえるのは現実的にかなり無理があります。

尾行が発覚してしまった後は警戒されてしまい、探偵事務所や興信所が浮気調査を依頼するにしても、調査自体の難易度があがってしまい、調査人員を増やす必要があるなど費用もかさんでしまうリスクがあります。

浮気相手がわかった場合、相手と連絡を取ったり、会いに行ったりする

証拠もおさえていない状況で相手に連絡を取っても、浮気を否定されたり、警戒されてしまう可能性が非常に高いと考えられます。

浮気相手に内容証明郵便を送りつける

例えば浮気の証拠も持たない状況で相手に慰謝料を請求するような内容証明を送るのは、逆に脅迫や恐喝になりかねませんので、証拠を揃えた後に弁護士に依頼するのが無難です。